ハンドクリームを習慣に

肌荒れから守るためには、ハンドクリームでうるおいを補うのがいちばん。
水仕事の合間など、気がついたときこまめに塗ることが大切です。深刻な手荒れは「主婦湿疹(炊事や洗濯など、水仕事をすることが多い人に起こる手荒れ)」とも呼ばれ、乾燥が進むと発疹やひび割れなどが起こることもあります。
ハンドクリームを塗るときは、手の甲だけでなく、指のまたや指先、手首のはうまでまんべんなく伸ばします。
爪や爪先にも、忘れずによく塗リこみましょう。塗ったあとのべ夕つきが気になる場合は、全体に薄くのばしたあと、余分なクリームをティッシュペーパーで押さえたり、木綿の手袋をはめたりするとよいでしょう。

 

 

*ハンドクリームの上手な塗り方*
ハンドクリームを塗るときは、クリームをなじませてからマッサージをして、血行を促進、手荒れの予防&改善に効果的です。

 

1)適量のハンドクリームを手の甲にとり、手全体になじませます。
まず、手の甲と手のひらにまんべんなくのばします。
手のひらは、両手をこすりあわせるようにしてなじませます。

 

2)指のまたの部分には、反対側の手の親指でクリームをすりこみます。

 

3)反対側の手の親指と人さし指で指の側面をつまみ、付け根から指先へむけて軽くマッサージするようにクリームをのはします。

 

4)反対側の手の親指と人さし指で指の付け根をつまみ、親指でくるくると円を描くようにしながら指先までマッサージします。

 

5)片方の手の指で、反対の手の指をはさみ、指先のほうへしぼり上げていきます。

 

6)手をぎゅっと強く握り、パッと開く動作を数回くリ返します。
この動作は手の血行を促進し、乾燥を防ぎます。

 

 

高品質なのに低価格のバルクオムはこちら